社会福祉法人淑徳福祉会 淑徳共生苑 | 共感・共育・共創 | トップページ
お問い合わせ
採用情報を更新しました。ご興味のある方はページ下「職員募集」より是非ご覧ください。
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

7月22日 第12回 納涼祭

 

共生苑の一大イベント、納涼祭が開催されました。
お天気は快晴。今年で12回目の開催となりますが、毎回お天気に恵まれています。晴れ男・晴れ女がたくさんおいでになるのでしょう。
ただし、今年は記録的な酷暑ということで、水分補給や見守り等、十分注意をしました。
和太鼓の力強い音で始まり、今年もよさこい演舞・盆踊り・抽選会など盛りだくさんの内容でお楽しみいただきました。
屋台も大盛況で、冷た~いかき氷をほおばり「おいしいね!」と満面の笑みを見せる方、盆踊りの輪の中に入り、体いっぱいで 踊る方、抽選会で当たり飛び上がるように喜ばれる方・・・皆様の楽しそうな様子をたくさん拝見できた日となりました。
今年も多くのボランティアの方に支えられ、たくさんのご来賓、ご家族、地域の方々に起こしいただきました。心より感謝申し上げます。

7月6日 盂蘭盆会

 

盂蘭盆会とは、一般には「お盆」と言われ、毎年7月13日から15日(地域によっては8月13日から15日)までの3日間祖先の 御霊(みたま)をまつり、その冥福を祈る行事です。共生苑では、少し早めに6日に法要を行いました。暑い日ではありましたが、多くの利用者様方に ご参加いただきました。
伊藤秀成上人の法話では、盂蘭盆会の由来のお話からさらに、歌手のすぎもとまさとさんの「吾亦紅」という歌を 紹介されながら、亡き母を思う息子の気持ちを渾身に語って下さいました。
アトラクションは、大江戸玉すだれ。軽快な曲に合わせてすだれを様々な形に変えて、利用者様方を驚かせて下さいました。 それだけでなく、実際のすだれをお貸しくださり、「こうやって形を作るんですよ。」「上手上手!!」と利用者様方の中に入って実際に レクチャーもしてくださいました。こうした体験型のアトラクションも皆様に非常に喜んでいただけたのではないかと思います。

6月28日 蓮の花を見にお出かけをしました!

 

お天気に恵まれたこの日、蓮の花を見にお出かけをしました。
共生苑から車で数分の所に生実池(「おゆみいけ」と読みます)という池があります。ここは、たくさんの蓮が咲く名所の一つとして、 この時期になると写真を撮る方や鑑賞される方が多く訪れます。
共生苑でも蓮の花鑑賞は毎年の恒例行事として、楽しみにされている方々がおられます。
蓮の花の見ごろは午前中ということもあり(利用者様方はお昼ご飯の後にお出かけをしました)閉じてしまっているお花が多かったのですが、 水面を彩る青々とした葉や花が閉じていてもわかる桃色の美しい色に感激されていました。
この日は、気温が高く風もやや強めでしたが「もう夏なんだね」と仰る方もおり、季節を感じていただけたと思います。

ページのトップへ戻る